咲坂実杏が朝ドラデビュー!大きいの?プロフや人気の秘密は?(さきさかみあ)

NHKの朝ドラ(連続テレビ小説)といえば今や女優の登竜門とも言える番組ですが、2017年放映の「半分、青い。」で咲坂実杏(さきさかみあ)さんがデビューすることになりました。

スポンサーリンク

咲坂実杏さんの役どころは?

今回咲坂さんが演じるのは、永野芽郁さんが演じるヒロイン鈴愛(すずめ)の弟である草太(上村海成さん)の妻である里子役です。

実年齢よりも上の役を演じるのと、奥さん役というはじめての役柄のようです。

普段の仕草や行動とはまた違った演技が求められるのでしょうが、

ここは咲坂さんがこの先の女優人生にも大きく影響してくるところなので頑張ってもらいたいですね。

咲坂実杏さんのプロフィール

咲坂さんは1997年9月2日に静岡県で生まれました。

ちなみに「咲坂実杏」は公表こそされていませんが、本名のようです。

(さいしょは「さきさかみあん」だと思ってました・・・)

現在の身長は164cmということで小柄ではありませんが、高い、というわけでもなく平均的でしょうか・・・

趣味は読書、写真、塗り絵、そして寝ること(笑)

特技はピアノ、フルート、書道、ブラインドタッチと今どきの特技も入っています。

芸能界でブラインドタッチが生かされるといいのですが・・・(笑)

小学生の時点では地元の劇団に入って演技の勉強もしていたので女優としてはかなりの勉強家です。

高校卒業後、本格的に女優を目指すために上京します。

母親の応援もあってアルバイトをしながらもオーディションを受けることになります。

お父さんの心境は複雑でしょうねぇ・・・勝手な推測ですが・・・

転機を迎えたのがスターダストプロモーションが2016年に開催した「第1回女優オーディション」です。

 

ここで今の事務所であるスターダストプロモーションに才能を見出されます。

2017年のTBS系ドラマ「A LIFE~愛しき人~」でドラマ初出演を果たしたあと、同年にはネット配信ドラマ「パパ活」にも出演。

2018年2月には初舞台を「エグ女」でこなしました。

2018年度の全国信用金庫協会のイメージキャラクターに抜擢されたことで清廉なイメージが付いたことと、ファンが急速に増えました。

2018年秋には映画「あいあい傘」に出演することも決まっています。

まとめ

まだまだデビューして間もない咲坂さんですが、この朝ドラ「半分、青い。」で今後の飛躍が期待できそうです。

現在では韓国語を先生に習っていて中国語も喋れるようになりたいとか。

日本だけではなく、アジア中で活躍を目標にしているそうです。

これをきっかけにファンになる人も多いでしょうから頑張ってもらいたいですね!

コメント