【日立世界ふしぎ発見】!第1508回・日本人の知らない 台湾・桜物語 

今回のミステリーハンターは傳谷英里香さんです。アイドルユニット「ベイビーレイズJAPAN」で活動していた傳谷さんは、ミステリーハンター初登場。どんな旅になるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

台湾に桜ブーム到来!

台湾は日本からの旅行客も多く、台湾の花見の季節(1~5月)に合わせて旅行する人も少なくありません。

台湾はもともと桜が植えられていた国であり、旧歴にお正月を迎える台湾では新年の花として、大切にされてきましたが、現在のような、大勢の旅行客が訪れ、桜を愛でるようになったのはここ20年ほどだそうです。

 

東京から飛行機でわずか3時間!台湾グルメを満喫

台湾・台北へ到着した傳谷ハンターは、旧正月の準備の買い物客でにぎわう「迪化街」へ。

迪化街の商店街では、人気のお菓子「マーラオ」や「鶏の煮込み」、台湾のお年玉袋「紅包」などを試食、探索しました。

台北屋台名物「牡蠣オムレツ」も堪能。「牡蠣オムレツとは、薄焼き玉子の中に牡蠣を入れて焼いたものにソースをかけたものでしたが、「おいしー」を連発していた傳谷ハンター。薄焼き玉子に生牡蠣を入れる発想は昔からあったのでしょうか?日本だったら、バーベキュー網で焼いた牡蠣に醤油ですね?

 

台北高級別荘地・平菁街へ向かった傳谷ハンターが見たものは?!

台湾では近年、敷地内に桜の木を植える住人が増えていて、この一帯が桜スポットとなっており、桜の写真を撮りに訪れる観光客でにぎわうそう。

ちなみに、台湾の桜は開花時期が長く、1月~2月中旬に咲く「寒桜」、2月初旬~3月にかけて咲く「八重桜」「河津桜」と、1~5月までじっくりと楽しませてくれる桜がたくさん植えられているとのことです。

 

台湾の桜のルーツは大阪桜之宮公園

 

大阪桜之宮公園で観た桜が忘れられず、台湾に「桜の長城」をつくろうと計画。1家族1本をテーマに増やしているところだと話していました。台湾の街並みが桜一色に染まる日々も近いかもしれません。

 

 

テーマパーク「九族文化村」へ

台湾には16を超える先住民が暮らしていますが、九族文化村では9つの民族を紹介しています。「豊穣の踊り」を楽しそうに踊っている姿が印象的でした。台湾観光に訪れた時は、ぜひ、こちらのテーマパークへ。先住民の暮らしがそのまま再現されているとのことです。

 

桜で時期を知る?!

山間部に暮らす先住民には山桜は特別な花でした。暦がなかった時代、桜が咲いたことを機に種まきを行ったとのこと。寒い冬が終わり、春が来たことを教えてくれるめでたい花だったのですね。

 

奇跡の桜を観に屏東へ

 

台湾の南国・屏東では、カカオ栽培の北限と呼ばれる地でつくられている「台湾カカオ」が栽培されていました。台湾産カカオと砂糖のみでつくられた「福湾巧克力」は世界的評価を得ている高級チョコレート。食べてみた傳谷ハンターの感想は「甘味は少なく、フルーティー」。台湾カカオの実は果物のようなフルーティーさが魅力だそうです。

 

先住民・ルカイが暮らす霧台で観た1本の桜の木

先住民・ルカイが暮らす霧台という村に植えられている「奇跡の桜」。なぜ、「奇跡の桜」と呼ばれるようになったのか。

それは、持ち主の男性の奥さまに関係がありました。男性が山桜をその場に移植し育てたところ、余命2年と言われていた妻がその後も元気に10年生きることができたそう。そのことから人々に「奇跡の桜」と呼ばれるようになったとのことでした。

 

解答者はこの方たち

黒柳徹子さん、野々村真さん、立川志らくさん、岡田圭右さん、遼河はるひさん、北村匠海さん

 

次回は?

2019年3月23日 夜9時~放送です。

第1509回トルコ イスタンブール~秘宝 グルメ 伝説の猫~。お楽しみに。

コメント