【新・美の巨人たち】今回のテーマは「ジョサイア・コンドル「ニコライ堂」

2019年4月13日(土)に放送された人気番組【新・美の巨人たち】

アートトラベラーは貫地谷しほりさん

 

スポンサーリンク

貫地谷しほりさんが見たニコライ堂

ニコライ堂の入り口には「いと高きところには、光栄神に帰す」とスラブ語で書かれた門があります。意味は、ここから先は神様の居るところだそうです。

ニコライ堂を見た貫地谷しほりさんの感想は「うわー、圧倒させられる。おもしろい」でした。若い方にはおもしろく見えるのでしょうか?実は、この言葉には、少し違和感を覚えますね。

続いて、貫地谷しほりさんが見つけた十字架。ニコライ堂に掲げられている十字架は、先端が8つある八端十字架と呼ばれる十字架とのことでした。

 

ニコライ堂とは

東京・神田駿河台のビル街にある国指定重要文化財・東京復活大聖堂は通称ニコライ堂と呼ばれています。明治24年にビザンティン様式で建築された「東京復活大聖堂」をつくり上げたのは、2人の異邦人です。

 

宗教家(聖ニコライ)の生涯

本名はイヴァーン・ドミートリエヴィチ・カサートキン。

スモレンスク県ベリスク郡ベリョーザの輔祭であったドミートリイ・カサートキンの息子に産まれたイヴァーンはわずか5歳で母を亡くします。

サンクトペテルブルク神学大学に在学中、日本幽囚記に影響を受け、日本への渡航を夢見るようになります。在日本ロシア領事館附属礼拝堂司祭募集を知ったイヴァーンはすぐさま応募し、その任を任され、日本へと渡航。最初に降り立った地は北海道・函館でした。

この函館でニコライは、大河ドラマ「八重の桜」の主人公・新島八重の夫である新島襄から日本語を教わります。その縁でニコライは新島襄のアメリカへの密航の協力者にもなっています。

余談ですが、新島襄が名を新島襄譲から新島襄と改めたのは、函館から米船ベルリン号で出港し、上海でワイルド・ローヴァー号に乗り換えた際、船長から「ジョー」と呼ばれたことがきっかけです。

その後、ニコライは神奈川はじめ、伊豆、愛知と伝道を行い布教に務めますが、明治37年2月10日、日露戦争が開戦。ニコライはアメリカに戻ることを選ばず、日本で終戦を迎えました。神田駿河台の正教会本会にて、81歳で永眠。谷中墓地に葬られています。

 

建築家(ジョサイア・コンドル)の功績

イギリス人建築家ジョサイア・コンドル氏は、我が国の建築物にも多大な影響を与えた人物で、東京駅や などを設計した辰野金吾らを育てた建築家としても有名です。

ちなみに、彼が設計し建築した建造物の多くは関東大震災によって消失してしましたが、現存する建造物には、この東京復活大聖堂ほか、岩崎久弥茅町本邸(重要文化財 現・旧岩崎邸庭園洋館および撞球室)、岩崎弥之助高輪邸(現・三菱開東閣)、岩崎弥之助家廟、三井家倶楽部(現・綱町三井倶楽部)、旧諸戸清六邸(重要文化財 現・桑名市六華苑)、島津家袖ヶ崎邸(現・清泉女子大学本館)、古河虎之助邸(現・旧古河庭園大谷美術館)などが現存しています。

 

ニコライ堂の詳細

ニコライ堂は、東京都千代田区神田駿河台4丁目4-1-3

東京復活大聖堂
★★★★☆ · 大聖堂 · 神田駿河台4−1−3

問い合わせ先は、03-3295-6879

拝観時間は季節によって異なりますので、ご注意ください。

4月~9月 13:00~16:00、10月~3月 13:00~15:30

拝観献金は、一般 300円 中学生 120円 小学生以下は無料です。

ぜひ、お出かけください。

 

次回放送は?

2019年4月20(土)夜10時からの放送です。次回のテーマは「鳥獣人物戯画甲巻の謎」。アートトラベラーはさまざまなテレビドラマ、映画で活躍する井浦新さんです。

国宝「鳥獣人物戯画甲巻」は漫画家・手塚治虫さんがお手本とした絵巻ですが、実は作者は不明。そのあたりの謎を井浦新さんが探ってくれます。乞うご期待!

コメント